奥野皮膚科
トップページ
コンテンツ
医院の概要
皮膚病のこと
メディカルピアス
地図
皮膚病のこと
このページでは代表的な皮膚病を紹介します。

カテゴリ
●アトピー性皮膚炎
●皮脂欠乏性湿疹
●じんましん
●乾癬
●水虫
●とびひ
●水イボ
●帯状疱疹
●かいせん
●にきび
●やけど
●皮膚腫瘍・皮膚外科
●メラノーマ

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎 乳児期 アトピー性皮膚炎 小児期 アトピー性皮膚炎 成人期
乳児期 小児期 成人期

アトピー体質(喘息・アレルギー性鼻炎の体質)に年齢・環境で発症します。大部分の人は大人になるまでに治ります。 いろいろなアレルギーにより悪化しますが、それよりも皮膚の弱さ(バリア機能障害)が問題で、特に冬に肌が乾燥することが悪化要因です。 治療はステロイド・免疫抑制剤・保湿剤等の外用を中心の対症療法と、スキンケア・生活指導になります。


皮脂欠乏性湿疹

初期 中期 病期が進むと・・・
皮脂欠乏性湿疹 初期 皮脂欠乏性湿疹 中期 皮脂欠乏性湿疹 病期が進むと

いわゆる「冬のお年よりのカイカイ」です。最近では入浴習慣等で、季節をとわず・若い人にもみられます。 その状態によりスキンケア・生活指導・対症治療で治します。

↑カテゴリの選択へ 


じんましん

じんましん   じんましん

食事・薬などが原因の急性蕁麻疹と体質等による慢性蕁麻疹とあります。 難しくなりますが皮膚でヒスタミンを中心とした化学伝達物質があばれる病気であり、その治療としては抗ヒスタミン剤の内服が必要です。 (つけぐすりは効かず、ひどいときは注射もします。)最近の抗ヒスタミン剤は眠気も少なく、内服回数も少ない薬もあります。

↑カテゴリの選択へ 

乾癬(かんせん)

かんせん 皮膚に魚のうろこ様のかさぶたができ、かゆみも伴う原因不明の皮膚の炎症性角化症です。 頑固なフケ症として始まり、次に肘・膝等の皮膚のすれる場所にでることが多いようです。 軽症〜中等症ではステロイド・ビタミンD3等の外用治療、難治例ではサイクロスポリン(免疫抑制剤)内用治療を、さらに難治例には生物学的製剤での治療を大学病院などへ紹介しています。

↑カテゴリの選択へ 

水虫

水虫 シラクモ   水虫 ゼニタムシ
図1.シラクモ   図2.ゼニタムシ

白癬菌(カビの一種)が足の裏(手のひら)など毛がなく・角層の厚い皮膚に感染したものを、 俗に「水虫」と言い、それには4種類の病型があります。頭皮・生毛部・股に感染したものは、 それぞれシラクモ[図1]・ゼニタムシ[図2]・インキンタムシと言います。 日本人の水虫の実態について最近の疫学調査では、男性では20代から増え40代では50%以上、 女性でも30代から増え50代では50%以上の罹患率でした。 一般的に水虫罹患者数は1,500〜3,000万人とされています。 タイプにより治療方法・期間が異なり、外用及び内用治療をしっかりすれば約8割は完治するとされています。

趾間型水虫 汗疱型水虫 増殖型水虫 爪甲型水虫
図3.趾間型水虫 図4.汗疱型水虫 図5.増殖型水虫 図6.爪甲型水虫

『水虫のタイプと治療方法』

1. 趾間型白癬[図3](足の指のマタのカサカサ・ジュクジュク) 主に外用治療、足趾間〜土踏まずまで、発疹部位より広範囲につける。3ヶ月以上外用。 ふやけの強いタイプは難治性で内用治療も併用。
2. 汗疱型白癬[図4](足の裏のカサカサ・ミズブクレ) 主に外用治療、足の裏全体に広範囲につける。3ヶ月以上外用。 (上記2型で水虫は発症する、治療しないと次の2型へ移行する。)
3. 増殖型白癬[図5](カカトを中心に足の裏全体に角質肥厚、カユミないことが多い) 外用+内用治療、3ヶ月以上の治療が必要。再発多い。
4. 爪甲白癬[図6](爪全体・部分的に白く・厚くなる)。多様なタイプの水虫の合併もみられ、種々な治療法の組み合わせが必要です。 内用薬としては、イトラコナゾール(パルス治療)・テルビナフィンを、外用薬としてはクレナフィン・ルコナックを病状などにより使用します。

↑カテゴリの選択へ 

とびひ

とびひ とびひ とびひ

『とびひ』(伝染性膿痂疹)は細菌による幼小児の伝染性の皮膚病です。 黄色ブドウ球菌または連鎖球菌という化膿菌による感染症です。 普通は大人にはできず、アトピー性皮膚炎など皮膚の弱い子供によくできます。 からだの一部にでも『とびひ』ができていると、 全身の皮膚で普段とは違う病原性の強いばい菌が増えていて触ることにより患児のほかの場所に次々と広がります。 このことから『とびひ』と呼ばれており、他の子(兄弟や友達)にも、とびひすることもあります。 特に細菌の繁殖しやすい夏に多い皮膚病で、幼小児期に繰り返し発病することもあります。 通常、虫刺され・湿疹のひっかき傷・すり傷などの皮膚が弱っている所に細菌が感染することがきっかけとなります。 はじめに水ぶくれができ、水ぶくれはすぐに破れてタダレ(びらん)となり、その辺縁からさらに拡大し、 また周囲に新しい病変ができ他の場所にもとびひします。また、かさぶた(痂皮)が主症状の『とびひ』もあります。 治療は全身皮膚のばい菌のコントロールが必要で、つまり抗生物質(化膿止め)の内服が原則です。 黄色ブドウ球菌・連鎖球菌などの原因菌はセフェム系抗生物質がよく効きますが、最近MRSA(耐性ブドウ球菌) という抗生物質の効きにくいばい菌のとびひもみられます。内服を開始して数日で乾燥してきれいに治ってきますが、 1週間ほど治療を続けなければ、すぐに再発します。医師の指示通りに治療しましょう。

↑カテゴリの選択へ 

水イボ

水イボ』(伝染性軟属腫)は幼小児の伝染性の皮膚病です。 POXウイルス一種の伝染性軟属腫ウイルス感染症で、小児のウイルス感染症の中でも、 もっともポピュラーな疾患のひとつですが、いまだに決定的な治療法及び予防法はありません。 5〜6才をピークにほとんどは小学生以下にみられる皮膚病です。 アトピー性皮膚炎などで皮膚がかさついていて弱いときには多発・再発しやすく難治性です。 直径数ミリまでの丸いドーム状の白〜赤のできもので、見た感じではみずみずしく『水イボ』と呼ばれています。 その中央にあるおへそのようなくぼみが特徴で、かゆみをもつものもあります。つぶすと白い粥状物が出ます。 この中にはウイルスがたくさんいて、接種により本人や他人へ伝染します。水イボに効果的な薬はありません。

1. ピンセットでつまみとる(確実にとれる方法ですが、とる時の痛みは強く、たくさんできている患児には向きません。 水イボに対する抵抗力ができなければ何度も繰り返しできますが、数が少ないうちにこの方法 (再発したらその度)でとることをお勧めします。)
2. 自然治癒を待つ(水イボは自然に治ります。 半年から数年で抵抗力ができ自然治癒するといわれていますが、 その期間は感染源となり本人のほかの部位や友達にうつす事となるので公衆衛生上の問題が残ります。)
 
お母さんと話し合ってどちらかにします。

↑カテゴリの選択へ 

帯状疱疹(たいじょうほうしん)

帯状疱疹 初期 帯状疱疹 急性期 帯状疱疹 重症型
初期 急性期 重症型

水痘・帯状疱疹ウイルス感染症です。このウイルスに初めに罹患すると『みずぼうそう』になり、 それが治ると一部のウイルスが体に潜伏し、抵抗力が落ちたときにこれが暴れて発病します。 体の一部に(片側の帯状に)小さな水ぶくれが多発し・痛みを伴います。神経痛を残すケースもあり、 早期の治療が必要です。発病後1週間以内(できれば3日以内)の抗ウイルス剤の使用で重症化・後遺症を防ぎます。

↑カテゴリの選択へ 

かいせん

かいせん 全身のぶつぶつ かいせん 全身のぶつぶつ かいせん 手の指の股のぶつぶつ かいせん 重症型
全身のぶつぶつ 全身のぶつぶつ 手の指の股のぶつぶつ 重症型

ヒトヒゼンダニの寄生による皮膚病です。 全身のぼつぼつ・手指のまたのぼつぼつ・ワキや陰部のしこり・夜間の強烈なかゆみなどを特徴とします。 最近では老人保健施設等での流行で問題となっています。 診断が難しく、治療も困難ですが、当院ではその治療症例数が多く(他の医療機関での往診を含め)、 早期発見・適切な治療を心掛けています。難治例には積極的にイベルメクチンの内服を行っています。

↑カテゴリの選択へ 

にきび

にきび にきび にきび

年齢・体質・生活習慣、特に思春期以降に増える男性ホルモンが皮脂腺・毛穴に作用してなるのが『にきび』 (尋常性ざ瘡)です。炎症のないタイプでは洗顔等のスキンケアを中心に、 赤く炎症のあるタイプにはテトラサイクリン等の内服治療で治します。 外用治療としては、抗菌剤、アダパレン等を症状にあわせて使用します。

↑カテゴリの選択へ 

やけど

熱の刺激による皮膚の損傷です。重症度はその範囲と深さです。 体表面積の15〜20%以上のやけどは全身管理が必要で、入院施設のある医療機関への受診が必要です。 (本人の手のひらサイズが約1%)深さは1〜3度に別けられます。1度:赤くなる、2度:水ぶくれになる、3度:くずれたりかさぶたになる。2度の一部・3度では後でケロイドになります。受傷後の処置は、 その痛み等抑えるために流水にさらし、医療機関への受診をお勧めします。

↑カテゴリの選択へ 

皮膚腫瘍・皮膚外科

基底細胞癌 当院では年間200例ほどの手術を行っています。全て局所麻酔・日帰り手術です。 ほとんどは粉瘤(しぼうのかたまり)・イボ・ほくろ等の良性腫瘍の小手術ですが、 基底細胞癌や表皮内癌(日光角化腫・ボーエン病)等の悪性腫瘍の手術も年間20例程行っています。
基底細胞癌  

↑カテゴリの選択へ 

メラノーマ

手のひらのメラノーマ 悪性度の強いいわゆる『ほくろの癌』です。当院では治療はしませんが早期発見に心掛けています。 年間1〜3例経験します。特徴として通常のほくろと較べ「(1)発育速度が速い」「(2)形がいびつで大きい」 「(3)病変の周りにしみだしがある」「(4)何種類かの色をもつ」「(5)くずれたり・出血がある」等です。
手のひらのメラノーマ  

↑カテゴリの選択へ 



 
医院の概要皮膚病のことメディカルピアス地図
サイトマップHOME